【豚汁 レシピ】豚汁の簡単な作り方2選と本格レシピの計3選をご紹介

スポンサーリンク

豚汁の簡単な作り方2選と本格レシピの計3選を紹介しています。

スポンサーリンク

豚汁の簡単なレシピ、作り方

ここでは豚汁の基本のレシピ、作り方を紹介します。豚汁の調理方法は庶民的料理のため地域や家庭などで様々なバリエーションがあります。必ずしも以下の作り方が正しいとは限りません。

レシピ その1

豚肉・野菜を食べやすい大きさに切ります。だし汁を加えて煮込み、煮たったら、こんにゃくをいれます。材料が柔らかくなったら、味噌で味付けをします。

レシピ その2

豚肉、野菜を食べやすい大きさに切り、水からゆでます。その間に、豚肉を熱湯で15秒ほどゆでます。野菜が柔らかくなったら、味噌を加えます。豚肉を加え、再度味噌を加えます。 最後にねぎを加えます。

豚汁のレシピ、作り方

豚汁のレシピ、作り方を紹介します。バリエーションは様々ですので次項で挙げている食材をプラスしてみてくださいね。

材料(4人分)
だいこん 120g、にんじん 80g、しいたけ 4枚、ごぼう 80g、ねぎ 20cm、豚肉 120g、水 4カップ、和風だし(顆粒) 小さじ2、みそ 大さじ6

作り方
だいこんとにんじんはいちょう切りに、しいたけは2~4つに切ります。ごぼうはささがきにし、水にさらします。ねぎは斜め切りにします。豚肉は小さめ一口大に切ります。鍋に切った材料・水・和風だしを入れ、煮ます。火が通ったら、みそを入れて出来上がりです。

豚汁に合ういろいろな食材

豚汁に用いる材料を紹介します。前述の通り、豚汁には地域差・家庭差があり、一般的と思われるものを紹介します。

豚汁の材料には、豚肉、大根、人参、長葱 (ながねぎ)、玉ねぎ、にんじん、地域によって長葱でなく玉葱が入る場合があります。、牛蒡 (ごぼう)、蒟蒻 (こんにゃく)、味噌、出汁などがあります。

さらに、さつまいも、じゃがいも、里芋などのイモ類が入る場合があります。家庭によっては豆腐や油揚げなどの大豆加工品が入ることもあります。

豚汁とは?

豚汁 (ぶたじる、とんじる)とは、豚肉の薄切りと野菜を煮込んで味噌で調味した料理のことです。豚汁は、普通の味噌汁に豚肉が入っただけと勘違いしがちですがその違いは、蒟蒻(こんにゃく)、牛蒡(ごぼう)がたっぷりと入るところです。

また豚汁のこれが重要!というのは単にご飯とおかずに添えての汁ではなく、メインのおかずにもなり得ることでしょうか。家庭料理であるため、その地域の豚汁、特色のある豚汁があります。

豚汁の始まりは、大昔、カレーを作ろうとした日本人がカレー粉の代わりに味噌をいれて作ったことから始まったという説と、けんちん汁に肉を入れたという説があるようです。

豚汁の呼び方についてですが、主に東日本では「とんじる」、西日本と北海道では「ぶたじる」、新潟県では山間部を中心に「スキー汁」と呼ぶ地域が多く、全体の比率は若干「とんじる」と呼ぶ率が高いそうです。しかし、豚汁は、主な辞書には「ぶたじる」での掲載はあっても、「とんじる」での掲載はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました